物性物理科学コースの学部生の多くは基礎工学研究科物質創成専攻物性物理工学領域未来物質領域に進学します。大学院入試に関しては以下を御覧ください。 

大学院入試情報

  • 2021年度 博士前期課程 一般入試・推薦入試 出願予定の方
     
    新型コロナウイルス感染の拡大状況を踏まえ、英語能力試験(TOEFLまたはTOEIC)のスコアの提出方法が大幅に変更されます。詳細は以下のリンクで確認してください。
     
    TOEIC対応
    https://www.es.osaka-u.ac.jp/ja/whats-new/2020/04/2021.html
    TOEFL対応
    https://www.es.osaka-u.ac.jp/ja/whats-new/2020/04/2021toefl.html

    https://www.es.osaka-u.ac.jp/ja/examinee/graduate-school-of-engineering-science/entrance-exam/
    (上記通知へのリンクもあり)
  • 2020年度大学院入試(2019年8月実施)から英語能力試験(TOEFLまたはTOEIC)のスコアの提出方法等が 次のように変更になります。

    提出時期:
       (変更前)試験当日に提示
       (変更後)出願時の必要書類として、出願書類受付期間に提出 
    スコアの有効期限:
       (変更前)入試受験時点の2年前の6月1日以降に英語能力試験を受験したもの
       (変更後)入試受験時点の3年前の6月1日以降に英語能力試験を受験したもの

    この変更により、英語能力試験を、従来より早い時期に受験して、出願受付期間までにスコア結果を用意しておく必要があります。
    TOEICのHPhttps://www.iibc-global.org/toeic/test/lr/guide01/schedule.html?media=pc)等で テスト日程・結果発送日程をよく確認しておいてください。
  • 大学院一般入試(博士前期課程)問題の出題範囲について
    2021年度一般入試(2020年8月実施)から専門科目II(物性物理科学II)の出題範囲を、

    物性物理100問集(木村剛・小林研介・田島節子監修、大阪大学出版会)

    で扱っている内容、およびその基礎となる電磁気学、量子力学、統計力学とします。 但し、この100問集に掲載された問題を編集・改訂して出題されることもあります。 また、†印のついていない問題で扱われている事項を中心に出題しますが、 難易度の高い†印のついた問題についても、丁寧な内容説明・論理誘導を付すなどして出題する可能性があります。 なお、物性物理100問集については http://www.msc.osaka-u.ac.jp/physics100/ を参照してください。