大 阪 大 学
 2013年

高校生のための 物性物理
一日体験入学

プログラム
参加申し込み
アクセス   
PC版はこちらonline 申し込みできます!


日時:2013年7月27日〔土〕

時間:11:00〜18:00

場所:大阪大学(豊中キャンパス)基礎工学国際棟(シグマホール)

定員:60名程度

主催:大阪大学基礎工学部電子物理科学科物性物理科学コース


プログラム

11:00 - 12:00 入試、教育、研究、就職、進路などの説明
12:00 - 13:00 昼休み (学食が利用できます)
13:00 - 16:00 体験プログラム

1. 電子が織りなす磁気と超伝導の出会い
2. きらめくダイヤモンドによる新しいエレクトロニクス
3. 最先端レーザー・100兆 分の1秒のストロボ光
4. 薄型テレビの素の素ー光るサンドイッチの作製ー
5. 超高分解能顕微鏡---原子の見かた---
6. 夢の光「シンクロトロン放射光」とアインシュタインの光電効果
7.極限の世界
8.不確定性の世界を探る
 
16:10 - 17:30 懇親会 (教授、先輩に何でも聞いてみよう!)

(詳しい体験内容)
topへ

参加申し込み

より、氏名・学年(年令)・性別・学校名・電話番号・希望プログラム番号を入力のうえお申し込みください。

topへ

アクセス:道案内はPC版をご覧下さい。
豊中キャンパス(基礎工学部)シグマホール
大阪府豊中市待兼山町1-3

大阪モノレール:「柴原駅」下車 西へ徒歩約8分

阪急電車:宝塚線「石橋駅」(特急・急行停車)下車 東へ徒歩約20分

問い合わせ:
Tel:06-6850-6399
e-mail:busseijimu@mp.es.osaka-u.ac.jp

参加をお待ちしてます♪

topへ

詳細プログラム

(1) 電子が織りなす磁気と超伝導の出会い
担当:北岡研    http://www.kitaokalab.mp.es.osaka-u.ac.jp/
講義内容:超伝導現象を始めとする低温で起こる不思議な世界を体験します。
実習内容:液体窒素をつかって不思議な超伝導現象を見ます。酸素を液化させます。なんと液体になった酸素には色があり、磁石にもくっつく不思議な性質をもちます。

(2)きらめくダイヤモンドによる新しいエレクトロニクス
担当:鈴木義研  http://www.suzukiylab.mp.es.osaka-u.ac.jp/
講義内容:近年、宝石として有名なダイヤモンドは大きなものも人工的に合成できます。ダイヤモンド等を用いた新たなエレクトロニクスの世界を紹介します。
実習内容:ダイヤモンドや磁石を使ったミニ実験を行います。新しいエレクトロニクス(スピントロニクス)を支える材料の不思議で面白い性質を見て頂きます。

(3) 最先端レーザー・100兆 分の1秒のストロボ光
担当:芦田研  http://www.itohlab.mp.es.osaka-u.ac.jp/
講義内容:レーザーポインタやDVD、 光通信、加工など幅広く用いられているレーザー光の最先端技術について紹介します。
実習内容:100兆 分の1秒という非常に短い時間だけ持続するレーザー光を紹介し、これを用いてガラス中の微細加工を体験していただきます。

(4) 薄型テレビの素の素ー光るサンドイッチの作製ー
担当:夛田研    http://www.molectronics.jp/  
講義内容:有機物を使ったディスプレイなどのデバイスの仕組みと有機 物が電気を流す原理を学びます。
実習内容:電気を流す有機膜を作り、電気が流れる事や電池が作れる事 をたしかめます。また、分子が見える顕微鏡により実際に分子を観察し てみます。


(5)
超高分解能顕微鏡---原子の見かた---
担当:木村研 http://www.crystal.mp.es.osaka-u.ac.jp/
講義内容:小さな物を見るのには,ふつう顕微鏡を使います。では,原子まで同じやり方で見えるでしょうか?光を使って,原子の世界を見る方法を紹介します。
実習内容:レーザーを使って,顕微鏡では観察が困難なほど小さな物を"見る"手法を体験します。

(6) 夢の光「シンクロトロン放射光」とアインシュタインの光電効果
担当:夛田研    http://www.molectronics.jp/  
講義内容:有機物を使ったディスプレイなどのデバイスの仕組みと有機物が電気を流す原理を学びます。
実習内容:電気を流す有機膜を作り、電気が流れる事や電池が作れる事をたしかめます。また、分子が見える顕微鏡により実際に分子を観察してみます。

(7) 極限の世界
担当:清水研 http://www.hpr.cqst.osaka-u.ac.jp/
講義内容:超高圧・極低温・強磁場といった極限状態下の物性研究について紹介します。
実習内容:ダイヤモンドを使った超高圧発生装置を公開し、それを使って模擬実験(熱い氷の作成)を体験して頂きます。また、パネルやビデオによって極限状態での物性研究の最前線を紹介します。  

(8) 不確定性の世界を探る (場所:C423)
担当:草部研 http://www.artemis-mp.jp/
講義内容:量子力学的な粒子である電子は、位置や属性に関する不確定性や、お互いの相対関係に関する不確定性をもっています。不思議な磁石や超伝導体がもつフォースのもとを与えるこの電子の世界を、高い予測精度で知る方法を紹介します。
実習内容:多数の電子がもつ自由度を取り扱う問題は、天才的な頭脳でもなかなか解けません。この多体問題に関わる簡単なクイズを解くために、電子計算機も使った方法を体験して頂きます。

topへ