研究室・指導教員の紹介

物性物理科学コースの指導を担当する研究室・指導教員と研究内容の紹介です。
基礎工学研究科附属極限科学センター
産業科学研究所に属する研究グループも 本コースの学部教育に兼任講座として参加しています。

研究室名はそれぞれの研究室のホームページにリンクしています。
各指導教員・各研究室のスタッフなど詳しい情報および連絡先は研究室のホームページをご覧下さい。


■ 物性物理科学コース研究室 ■

<<理論系>>

研究室 ・ 所属 指導教員 研究内容
石原 研究室
基礎工学研究科
物質創成専攻
未来物質領域
石原 一 教授
横山 知大 助教
ナノ光物性理論
キーワード: 光とナノ物質の相互作用理論、光マニピュレーション、閉じ込め電子系の光学応答、ナノ物質の非線形光学応答、超蛍光
藤本 研究室
基礎工学研究科
物質創成専攻
物性物理工学領域
藤本 聡 教授
水島 健 准教授
鶴田 篤史 助教
キーワード:トポロジカル絶縁体・超伝導体、強相関電子系の超伝導、量子磁性、量子臨界現象、スピン流等、新奇な量子物性の理論研究
井元 研究室
基礎工学研究科
物質創成専攻
物性物理工学領域
井元 信之 教授
山本 俊 准教授
生田 力三 助教
量子情報処理および量子光学の研究。量子光学理論、量子情報通信理論、量子コンピューティング、量子暗号、量子テレポーテーション、量子ゲーム、光子を用いた量子情報処理実験、エンタングルメント操作、ボーズ・アインシュタイン凝縮
草部 研究室
基礎工学研究科
物質創成専攻
未来物質領域
草部 浩一 准教授 第一原理計算に基づいた原子スケールでのダイナミクス シミュレーション。 ナノ炭素系、配列ナノ空間物質などが極限環境で示す新物質相と機能を理論予測。 第一原理計算の高精度化や新しい量子シミュレーション法の開発。

<<実験系>>
芦田 研究室
基礎工学研究科
物質創成専攻
未来物質領域
芦田 昌明 教授
永井 正也 准教授
蓑輪 陽介 助教
レーザーを用いた光と物質の相互作用の基礎及び応用研究半導体ナノ構造・フォトニック結晶の作製と超高速・非線形分光、半磁性半導体の磁気光学効果、ナノ粒子等の顕微分光・近接場分光、強相関電子系の超高速分光、これらによる新奇物性の探索
椋田 研究室
基礎工学研究科
物質創成専攻
H27より物性物理工学領域
椋田 秀和 准教授
八島 光晴 助教
多元極限環境下でのNMR法を用いた物質科学(超伝導、金属磁性、強相関電子物性、超低温物性、高圧電子物性、量子スピン磁性、高温超伝導物性など)の先端研究
関山 研究室
基礎工学研究科
物質創成専攻
物性物理工学領域
関山 明 教授
木須 孝幸准教授
藤原 秀紀 助教
SPring-8 放射光分光(バルク敏感・角度分解光電子分光、偏光依存高分解能硬X線光電子分光等)、低温極低エネルギー高分解能光電子分光、高温超伝導・金属-絶縁体転移・重い電子系・近藤半導体等強相関電子系の分光研究による電子構造解明
鈴木(義) 研究室
基礎工学研究科
物質創成専攻
物性物理工学領域
鈴木 義茂 教授
三輪 真嗣 准教授
後藤 穣 助教
ナノスピントロニクス.金属・半導体ナノ構造・人工格子の生成とスピン依存伝導、スピントランスファーの研究、カーボンナノチューブおよびフラーレンを用いたナノスピントロニクスとナノスピン新物質の創製
多田 研究室
基礎工学研究科
物質創成専攻
H27より未来物質領域
多田 博一 教授
山田 亮 准教授
大戸 達彦 助教
有機エレクトロニクス(有機トランジスター、発光素子)および分子スケールエレクトロニクス(単一分子素子、分子メモリー)に関する先端研究。金属/分子、絶縁体/分子界面の原子レベルでの物性解明および制御と機能化
若林 研究室
基礎工学研究科
物質創成専攻
物性物理工学領域
若林 裕助 准教授
木村 健太 助教
磁性、電気伝導性、構造歪み、誘電性などの複数の物性が相互に絡み合う物質における新・高機能電気磁気応答を目指した物質設計・合成および物性開拓の研究。


■ 基礎工学研究科附属極限科学センター研究室 ■
<<協力講座 実験系>>

清水 研究室
基礎工学研究科附属極限科学センター
清水 克哉 教授
加賀山 朋子 准教授
坂田 雅文 特任講師
石川 孝洋 特任助教
榮永 茉利 特任助教
超高圧/極低温/強磁場下の極限物性研究と未踏の極限状態の開発。強相関電子系物質の極限物性、圧力誘起金属化と超伝導の研究。極限下の電気抵抗/磁化/比熱/熱膨張/放射光X線構造解析/ラマン分光等の物性測定


■ 産業科学研究所物性系研究室 ■

<<協力講座>>

小口 研究室
産業科学研究所
ナノ機能予測研究分野
小口 多美夫 教授
白井 光雲 准教授
山内 邦彦 助教
籾田 浩義 助教
第一原理計算に基づく凝縮系の物性予測及び関連する基礎理論・計 算手法の開発。研究対象とする物質系:磁性体、超伝導体、誘電体、 マルチフェロイクス、水素貯蔵物質、トポロジカル絶縁体
松本 研究室
産業科学研究所
量子機能科学大部門
松本 和彦 教授
井上 恒一 准教授
大野 恭秀 特任准教授
金井 康 助教
・カーボンナノチューブを用いた量子ナノデバイスの研究
・カーボンナノチューブの物性評価
・カーボンナノチューブを用いたバイオセンサーの開発
田中 研究室
産業科学研究所
産業科学ナノテクノロジーセンターナノ機能材料デバイス研究分野
田中 秀和 教授
神吉 輝夫 准教授
服部 梓 助教
藤原 宏平 助教
レーザMBE法を用いた物質積み上げ技術による、強磁性、強誘電性など新機能強相関電子系物質創製に関する研究。更に超微細加工技術を融合したナノスケールデバイスの創製による、光・電場・磁場によりスピン・電荷が巨大応答する多機能な “酸化物エレクトロニクス”開拓に関する研究を行っています。