物性物理科学コースの概要
物質・材料の基礎から応用までしっかりと理解できることを目標に,教育と研究の メニュ−を用意しています.

[ カリキュラムの概略 ]
基礎科目: 解析力学,電磁気学,量子力学,統計物理学,など.
物性物理学各論: 固体電子論,物質構造論,金属物理,半導体物理,磁性物理,光物性,放射光物理,低温物理,高圧物理,磁気共鳴,超伝導物理,など.
4年生になると各研究室に所属して最先端の研究に触れることができます.

カリキュラムの詳しい説明は右の各ページをご覧下さい。 シラバス

半導体をはじめ人間の生活に役立つ機能をもった材料の自由自在な利用を 可能とする技術は現代社会を奥深いところで支えています.そのような技術 の基礎には物性物理学があります.物性物理学における課題は,量子力学的 自然観にもとづいて興味あるさまざまな物質の秘密を解き明かすことにあり ます.したがって,それらを維持・発展させるためには物性物理学の基本を 身につけた人材を育成するとともに物性物理の研究それ自体の発展・深化が 不可欠となります.たとえば,半導体の集積度を高めることを追求すると個 々の半導体のサイズはどんどん小さくなり,ついにはミクロ(微視的)な領 域とマクロ(巨視的)領域の間にあって新しい性質をしめすメゾスコピック な領域の問題を理解することなしには前進することはできません.そのため, メゾスコピックな領域での新しい物理描像を確立するための基礎的な研究が 必要となります。このほかにも、物性物理科学コ−スのスタッフは,光が関 係する諸現象、純粋に量子力学的な現象である磁性・超伝導、超高圧・超低 温・超高磁場の多重極限状況下での物性などの分野で世界の最先端を行く研 究を行っています。
  「物性物理学」ってなんだろう?
「物性」という言葉は聞き慣れないかも知れませんが、実は「物性物理学」は素粒子・原子核物理学と並ぶ物理学の2大分野の一つです。  超高速光通信・スーパーコンピューター・環境保護型新素材など最新の科学技術を根底から支えているのが物質科学ですが、その中でも「物質の成り立ち、現象、機能」などを量子力学・電磁気学や統計力学などの物理的考え方、手法に立脚して研究するのが「物性物理学」です。
 例えばみんなが日頃利用している携帯電話の基地局や衛星放送アンテナの中を覗いてみると、そこには非常に微弱な電波を受信するための極めて高性能な増幅用デバイス(高電子移動度トランジスタ:HEMT)が用いられています。これは半導体中の電子の運動を「物性物理学」的に研究することにより誕生しました。もしこの発明がなければ、いまのように誰もが携帯電話を持ち歩くような世の中にならなかったかも知れません。
また極めて高画質なDVD-RAMは最近急速に普及し、家庭用ビデオに取って代わる勢いです。この技術には安定性の高い高密度記憶材料が不可欠ですが、GeSbTeという特殊な物質の特性を「物性物理学」の手法で解明することにより、これを得ることができました。
 これら以外にも、私達が日常的に使っているパソコン、通信、マルチメディアなどの技術に用いられている大容量ハードディスク、液晶ディスプレイ、半導体メモリ、半導体レーザーなど、「物性物理学」を基礎にした研究から生まれた製品が私達の生活を取り囲んでいます。
このように、現在の私達の暮らしを支えている技術の多くは、その源をたどれば物性物理学的な発見が出発点となっています。基礎に立ち戻って解明された科学的知見は私達の自然観を豊かにし、真に独創的な技術の源となって産業における大きな流れを作り出します。 21世紀の技術の種を育てる、まさに真に独創的、創造的な科学技術の源(ゆりかご)とな るのが物性物理学なのです。

  「物性物理科学コース」で身につけることは?
今日、技術は驚くほどの速度で変化しています。このような時代にこそ、どのような流れの変化にも対応できる強い足腰としての物理的基礎力が求められています。

 また政府は2001年度からの科学技術基本計画案において「ナノテクノロジー・材料」を重点分野の一つとしました。このことからも今後一層「物性物理」の素養を持つ研究者・技術者が求められることが予想されます。

このような社会のニーズに応えるためも、本コースではミクロな電子や原子・分子・固体の法則である量子力学や電磁気学、またミクロな法則からマクロな系を理解するための手法である統計力学などを学び、あらゆる科学技術の出発点となる基礎科学の教養を身につけます。

また「電子や光の多彩な姿・現象・機能」を理解するための基礎および専門科目を幅広く学び、応用力を鍛えます。

さらに世界最先端の物性研究を自ら体験することによって、物理的基礎力を確かなものにし、自ら新しい流れを作り出し、まだ誰も見ぬ新しい未来の技術を創出できる科学技術者に育ちます。

このようにして確かな基礎力を養い、真に創造的な活躍のできる力を身につけた多くの先輩達が学会や産業界で大活躍しています。
例えば、日本が世界に誇る発明であるHEMTもDVD-RAMも実は どちらも「物性物理科学科コース」の先輩が開発したものです。

 さらに、これら以外にも携帯電話などに用いられているプラスティック液晶、高出力記憶ディスク用半導体レーザー、など驚くほど多くの世界的技術(製品)が「物性物理科学コース」の先輩達によって開発されています。